自分の生活スタイルに必要な施設が周囲にあるか

周辺の環境によって暮らしやすさが変わる

賃貸物件を探すときには間取りや設備も大切ですが、周辺環境や近くにある施設などによって暮らしやすさが変わってきます。自分のライフスタイルに必要な環境や施設が揃っていれば暮らしやすくなり、物件の周辺で用事を済ませることも可能です。物件選びのときには周辺の環境もくまなくチェックすると、より住みやすい環境が見つかるかもしれません。 不動産会社から候補の物件に案内されるときに車で移動することがありますが、実際に車から降りて街を歩いてみることも大事です。最寄り駅まで歩いてみて、どのような地域なのか、どんな施設があるのか自分の目で確かめます。目的地まで辿り着く時間も測定して、リアルに暮らしたときのことを想像してみましょう。また街灯はあるのか、人通りは多いのかなど安全面もチェックしておくと安心です。余裕があれば昼間だけでなく夜の街も歩いてみて、どのようなお店があるのか、人通りの多さなども確かめましょう。

ライフスタイルに合わせて施設をチェック

一人暮らしの人や早朝や深夜に買い物をしたいときに便利なのが、コンビニです。物件の近くにあるのはもちろんのこと、最寄り駅から帰宅途中などにあるととても便利です。夜道で何かあったときにも避難場所になるので、夜遅くに帰宅することが多い人や一人暮らしの女性はコンビニがあるエリアを選びます。 主婦や家族で暮らしている人、自炊を欠かさず行っている人はスーパーがあるのか確認します。価格帯や扱っている商品、惣菜の充実度も重要なチェックポイントです。夜遅く帰ってスーパーに寄りたいのなら、深夜営業をしているのか調べておきます。 病院や郵便局、銀行もあると細かな用事をすることができ、遠くに行かなくて済みます。持病を持っていて通院しなければならない人や体調を崩しやすい子供やお年寄りが居れば、医療機関があるエリアを選びます。郵便局や銀行によく行くなら、近くにこれらの施設があるのかチェックすることが大切です。