空気の汚れや騒音が気になるところはないか

内見では周辺環境も必ずチェック

賃貸物件を借りる際に必ず行ってほしいのが内見です。最近は物件の情報もかなり詳細になっているため、中には実際に現場を見ずに契約してしまう人も居ますが、資料で得られる情報だけではわからない大事なことがたくさんあります。物件の実際の状況は実際に現地を見学しなければわからないですし、何より物件の周辺の状況は現場周辺を自分の目で確かめないとわからないことばかりです。例えば物件の間取りは見取り図などを見ればわかりますが、日当たりなどの環境については現地で確かめなければわからないでしょう、また同じような間取りでも物件によって雰囲気が全く異なります。天井の高さなども現地へ足を運んで確かめておいたほうが良いでしょう。

騒音や空気の汚れなどは確認しておこう

現地見学ではついつい自分が住む予定の部屋のチェックばかりに気を取られてしまいがちですが、自分が住む部屋だけではなく、物件の周辺の道も毎日利用することになります。特に最寄駅から家までの道は多用することになるので、周辺にどのようなお店があるのかを確認しながら最寄駅から家までの道についてしっかりとチェックしておきましょう。この時騒音が気にならないか、空気が汚れていないかも見ておきたいところです。特にマンションの近くに工場があったりすると騒音だけではなく空気についても変な臭いがしないか確認しておいたほうが良いでしょう。契約してしまってからでは遅いので、契約する前に気になるところしっかりと自分の五感を使ってチェックするのが失敗しないコツです。